人気ブログランキング |
2008年 03月 10日 ( 1 )
東京の空
 うろ覚えに高村光太郎の、智恵子抄に東京の空という詩があったのを思い出した。

  あどけない話

  智恵子は東京に空が無いといふ、

  ほんとの空が見たいといふ。

  私は驚いて空を見る。

  桜若葉の間に在るのは、

  切っても切れない

  むかしなじみのきれいな空だ。

  どんよりけむる地平のぼかしは

  うすもも色の朝のしめりだ。

  智恵子は遠くを見ながら言ふ。

  阿多多羅山の山の上に

  毎日出てゐる青い空が

  智恵子のほんとの空だといふ。

  あどけない空の話である。


東京の空も毎日見ているときれいで飽きないですよ。
 ↓ これは、昨日の夕焼け雲。
b0019313_2031082.jpg

 今朝は朝から小雨が降りましたが、午後には上がってどんよりした一日でした。
b0019313_2043975.jpg

 そして夕方ビルの谷間に沈む太陽
b0019313_207317.jpg

 極めつけは、一日月、しかしレンズの限界のためぼけてるし、三日月みたいに太って見える。
おまけにガラス越しの撮影なのでごめんなさい。(苦)
b0019313_20101783.jpg


  
by mink330 | 2008-03-10 20:15 | 花・木・自然 | Comments(12)