人気ブログランキング |
<< 陽気な専門学校生 キューバのお金 >>
カストロ議長転倒
20日午後10時頃、サンタ・クララ市の「チェ・ゲバラ広場」で開催された芸術教育学校の卒業式典(約3万人が出席)で演説を終えたカストロ議長は、壇上から自席に戻る際、階段を踏み外して転倒し、左膝を骨折、また上腕骨にひびが入る怪我をした。生命に別状はない。転んだ後、自らマイクを握り、「自分は大丈夫だ、場を乱してしまって申し訳ない」と、時にはユーモアを交えて話し、この後、文化行事を中止しないように頼んだあと病院に運ばれた。

キューバ国営放送は、この一部始終を生放送で中継していたが、転倒の瞬間はカメラがカストロ議長から他の場面に切り替えられていたため映らなかった。しかし、壇上の後方から撮影していたCNNのカメラは転倒の一部始終を捉えていたので、CNN等ではカストロ議長が転倒した様子が放映されている。(注:キューバ国民の一般家庭ではキューバ国営放送しか受信できないため、キューバ国民はカストロ議長の転倒の瞬間は見ていない。しかし、転倒後に自ら事情を説明しているカストロ議長の姿及び発言は全て放送された。

共産党発表
(1)検査の結果、転倒後にカストロ議長自らが予想した通り、左膝骨折及び右上腕骨の亀裂が判明したが、これらに対しては適切な処置が施されるだろう。
(2)カストロ議長の健康状態は良好で、精神力は申し分ないほどである。
(3)言うまでもなく、本件に関して随時周知していく。それは不可欠なことである。
(4)カストロ議長自らがこの発表文を起案するよう指示した。またカストロ議長は国民から寄せられた多数のお見舞いと団結に対して自らの名前で謝意を表明するよう依頼した。カストロ議長は国民に平静を保つことを要請しており、自身は早急に回復すると自ら判断している。また、カストロ議長は党及び国家指導部と緊密に連絡を取りながら主要な問題や事案に対応し続けていく状態にあることを周知するように要請した。
by mink330 | 2004-10-23 06:03 | キューバ | Comments(4)
Commented by ボン 大塚 at 2004-10-23 08:36 x
はじめまして、兵庫県のキューバ・ラテン音楽中毒の中高年です。
ブログ散歩中、偶然みかけ大変愉しませていただきました。こちらでは
フィデルのニュース以上に、プロ野球日本シリーズでのキューバの
至宝と呼ばれるリナレス選手の大活躍の報道がすごいですね。
それに西武のフェルナンデス選手の登場曲でイサク・デルガドの
世界的な大ヒット曲エル カルナバルが大音量で流されていて、
TV画面からでもワ~と伝わってくるほどです。キューバ音楽で
一度に数百万人の日本人が耳にする曲なんて、おそらく
はじめてじゃないかと思います。ではご挨拶がてらの書き込みで。
Commented by cityde at 2004-10-23 08:46
日本では台風報道の合間の息抜き的にカストロ議長の転倒シーンがややコミカルに使われています。本人がそれを知ったら嫌な気分でしょうけど。まあ日本のマスコミが使いたい気持ちはわかりますが、、、
Commented by bela flor at 2004-10-23 08:57 x
今朝、たまたまテレビをつけたら転倒シーンがスローで放映されていたよ。こちらまで痛さをかんじるものだねぇ・・スローって。
骨折の箇所を知ってからそれを見るのって嫌なものだし、ついその箇所を凝視している自分がいるのも複雑だワ・・・。
Commented by mink330 at 2004-10-24 10:53
ボン大塚さん、今日ハバナビエハに行きましたら、大音量で個人の家から音楽が流れ、誕生パーティで楽しそうに踊り、広場では子供が、空き缶をたたいてリズムを取っていました。いたるところに音楽ありですね。
<< 陽気な専門学校生 キューバのお金 >>