人気ブログランキング |
<< 今年最高の暑さ 雨の日は傘をさして・・・ >>
ギリヤーク尼ケ崎
b0019313_1822260.gif 函館出身の大道芸人 ギリヤーク尼ケ崎さんの踊りを、何年か前から見たいと思っていましたが、なかなかその機会がありませんでした。
 昨日江別の駅前公園で青空舞踏江別公演がありましたのですわっと思って出かけました。

「祈りの踊り」
75歳のこの身体に何でこんなにエネルギーがあるのだろうと不思議に思いました。
海外での公演も数多くあります。
日本の芸能の原点とも言うべき大道芸人たちの心情を表現し、それを皆さんに見ていただきたいというのが、ギリヤークさんの思いです。

江別の公演は22年連続となるそうですから驚きですね。


b0019313_18243577.jpg

b0019313_1825171.jpg

b0019313_18252676.jpg

b0019313_18261366.jpg





b0019313_18295189.jpg初めて見るギリヤークさん。普通の洋服で現れました(当たり前か・・・)若々しいいでたちです。
衣装が入った大きなバッグを持っています。
全て一人で準備します。
準備も人に見せる演技です。
お化粧もちゃんとみんなの興味を引いています。


b0019313_18334498.jpg

b0019313_18342955.jpg

ちゃんと観客も引き込んで踊ります。皆さん手拍子で盛り上がっています。
b0019313_1834547.jpg

b0019313_18355197.jpg

b0019313_18361153.jpg

近くの噴水に行ってバケツに水を汲んできてざぶりとかぶっての熱演です。ビックリしました。
b0019313_18363381.jpg

終ってからの挨拶。花束をもらって嬉しそう。投げ銭もたくさんありましたよ。
b0019313_18373567.jpg

by mink330 | 2006-07-12 18:40 | その他 | Comments(17)
Commented by cityde at 2006-07-12 20:06 x
不思議な光景ですね。
私の知り合いにもチャックさんという大道芸の方がいらっしゃいます。こんなタイプの人を見かける度にどうしてるかと思い出してしまいますよ。
Commented by niwa2saku87 at 2006-07-12 20:12 x
感動しました!!私も何年も前から一度見たいと思ってました。今年の踊る日程とか気にしてたのですが、行けなくて・・・・昨日だったんですね。沢山の写真見せてもらって感激です。充分魅せてもらいました!!75歳ですか~凄いね!!早いうちに見にいかなくちゃ!!
Commented by 梅ちゃん at 2006-07-12 20:32 x
私は数年前に小樽の運河の側で見たことがありますが、まったくこの通
りの迫力に圧倒されて見終わった後もしばらく動くことが出来なかった覚
えがあります。まだ元気に活動されていたんですね。
Commented by bela flor at 2006-07-12 20:36 x
凄い!! このブログを見ただけでも 迫力を感じます。
沢山写真をみせていただき感謝です。自分が見てきたように錯覚をしそうです。
75歳・・お元気ですね、どの位の時間演じるのでしょう?
Commented by ファニータ横幅 at 2006-07-12 22:18 x
75才で身をさらけ出して感情を込めて踊るギリヤークさん。すごかったね!minkさんから連絡があった時は行こうかどうしようか迷っていたんだんよ。この機会をのがしたらきっと後悔すると思って急に行くことにした。
電車なら間に合うと思って玄関を出ようとしたら、我が家の留守番犬のポチがしゃべった・・・「ワシも行くぅ」だと。仕方がないから運転手として連れて行ったら、現場に居たわ、居た居た、某厚別支局のカメラウーマンが!支局長も兼務ということですばらしい写真をたくさん撮っていた。私達は一番前に座っていたんだけど、ギリヤークさんが踊りながら私をみて笑った(ような気がした)から微笑み返しんだけど、どうも違ったようだ。minkさんにそぉ〜と話したら「ノー天気だねー」と言われた。あれだけ踊りに集中しているのになんでアンタを見なきゃないの!ごもっともでした。あと数年で退職になる夫の第二の人生を重ねてみた。トランクは娘のお下がり、衣装は洋裁の得意なminkさんに作って貰って、脱いだ服を入れる大きな袋は「るーちさん」にお願いしよう・・・っと。私はマネージャーだわね。観客が‘おひねり’に使う袋を今から作っておいて公演前に配るんだわ・・・ウヒヒヒ・・・
Commented by sgr813 at 2006-07-12 23:50
ファニータ横幅さんのコメントを読んでいたらminkさんの写真を忘れそうでした。ファニータさんって面白いですね。(スミマセン)
「函館出身の大道芸人 ギリヤーク尼ケ崎さん」・・・全然知りませんでした。写真を見て迫力にビックリです。何歳頃からやっているんでしょうね。

Commented by hirakawa at 2006-07-13 00:04 x
あの会場でお会いするとは思いませんでした。平日の6時という時間に意外に多くの観衆で、みなさん新聞で知ったのでしょうか。雨模様の天気がぎりぎり持ちこたえましたね。
写真では分かりませんが、演目を読み上げる声が、相撲の行司の様でもあり、ギリヤークさんの優しげな表情、細身の身体、長髪とともに印象的でしたわ。
Commented by lemonodasos at 2006-07-13 06:10
いやぁ、画像だけでも、迫力は感じます。何か妖気が漂って不思議な感じがします。人間の心象が良く出ていると思います。人間とは恐ろしいものかもしれないと思いました。私には見えないものが尼ヶ崎さんには見えるのかもしれません。
Commented by mikihana922 at 2006-07-13 08:28
鬼気迫るものがありますね。
でも、普段着からお化粧して、だんだんその世界に
入っていく過程があったのですね。
随分前、NHKでこの方のドキュメント番組を見ました。
年老いたお母様と二人暮らし、家を留守にすることも多くて
こんな生き方をされる方もあるのだなぁと、思いながら見ていました。
ご本人も75歳になられるのですね・・・・。
感慨深く記事を拝見しました。
Commented by sgr813 at 2006-07-13 19:17
無知な私の質問を許してください。
これには「ストーリー」があるんですか?衣装を見る限り関連がないものがあるようですが・・・。
Commented by kata716 at 2006-07-13 20:24
こんばんは
面白そうな画像がいっぱいですね
一番先に目が行ったのは珍しい膝宛ですよ
野の花の撮影では必ず使用します。
Commented by mazi51 at 2006-07-13 20:54
顔と名前と、どんなことをしている方かは、新聞や雑誌で以前より知っていましたが、実際にみたことはありません。
このようにして見ると非常にエネルギッシュですね。
一連のストーリーで演じるのですね。パワーをもらえそうです。
それにしても、元気なお年寄りだ。
Commented by mink330 at 2006-07-14 07:28
コメントを書いてくださった皆さん、ありがとうございます。
初めて見たギリヤーク尼ヶ崎さんでしたが、引き込まれるような踊りでした。最初に表れて、小さな写真を置きました。(普通の洋服を着て座っている写真で分かります。訂正:お化粧している写真)mikihanaさんのコメントでそれがお母さんの写真だと、あとで分かりました。和服を着ていました。

踊りは「盲人芸人の芸」を演じていて、青森県の津軽民謡を素材にしたギリヤークさんのオリジナルな作品だそうです。
踊りは一貫したストーリーはありませんが、演目として「夢」「白鳥の湖」「じょんがら一代」「うかれおわら」最後は一番の熱演でしたが、名前は失念(すみません)・・・ほんとに鬼気迫るものがありました。
最後の演目は入れ歯を外しての演技でしたよ。
とにかく身体が柔らかい。膝宛は必需品です。75歳とはとても思えませんでした。

江別の皆さんはとても暖かいとおっしゃってました。2年後は77歳の喜寿の記念の踊りをと、張り切っていらっしゃいましたので、皆さんぜひ見に行きましょう。すばらしかったですよ。ブログでお知らせしますからね・・・
Commented by 田中 伸治 at 2007-05-05 11:03 x
私のブログでギリヤークさんについて触れてます。
このブログのトラックバックをさせて下さい。
お願い致します。
Commented by mink330 at 2007-05-05 19:03
★田中伸治さん:
トラックバックどうぞ。
ブログを訪問したのですが、どこか分かりませんでしたので、
教えてください。
Commented by usarabis at 2007-07-08 14:13
すごいですね。75歳とは、思えない。。。感動とは、こういうものなんだ。
すばらしい人の紹介をありがとうございます♪
Commented by mink330 at 2007-07-08 18:28
★usarabisさん:
75歳は去年の話で、今年は76歳です。
77歳までは絶対やるんだと、この年(06年)におっしゃっていました。
がんばって欲しいですね~
<< 今年最高の暑さ 雨の日は傘をさして・・・ >>