人気ブログランキング |
<< キャバレー・トロピカーナ カストロ議長の生家 >>
カストロ後 
カストロ後をめぐる議論が国民の間で話題に上っている。
去年の11月のハバナ大学で「キューバは内部から崩壊する」と演説したそうだ。
と言うのは・・腐敗が横行している・・・と言うこと。

最近ガソリンスタンドの今までの職員が全て首になり、「ソーシャルワーカー」と言われる若者に取って代わった。ガソリンの横流しや、横領が目に余るようになったためだ。
ガソリンに限らず、食料品、その他何でもと言っていいくらい闇で手に入るのが現状だ。
写真(給油所は全て国営で、ガソリンは1リットル約0.8cuc(約1ドル)月収が約15ドルの庶民にとっては、考えられない値段だ。だからこそ横領や、横流しが横行するのでしょう。
職員のポロシャツの胸にはソーシャルワーカーと書いてある。
b0019313_1921218.jpg


b0019313_1924147.jpg
このスタンドでは、職員と警官がバス待ちの市民とともに談笑する姿が目に付いた(仕事はどうしたの?)

b0019313_19285626.jpg実際私もこの目で腐敗の現実を見た。
カバーニャ要塞に入場する時、正規の入場料を買おうとした私たちに対して「安く入場できる、あなたのためにも私のためにも、両方得する」と言って売り場を通さないで入場料を自分たちで山分けしようとしていた。中に入ってからも、チェ・ゲバラの3ペソ札を何十倍もで売ろうとする人に手招きされた。(好奇心が強いので行ってみたが買わなかった)普通に流通している札なのにです。

でも、そういう人はほんの一部分だと思う。カストロ議長の生家を訪ねたとき、左の人が案内してくれた。閉館しているのに親切にあくまでも礼儀正しく。
最後にチップを渡そうとしたら、「当然のことをしただけですから」と決して受け取らなかった。

キューバの将来を思うとき、いろいろと考えさせられます。
ほんとにカストロ議長亡き後はどうなるのでしょうか・・・


b0019313_19372877.jpg
今日のサブ  ちっとも体重が減らず歩くのがのろくなりました。
by mink330 | 2006-04-18 19:39 | キューバ | Comments(15)
Commented by sgr813 at 2006-04-18 20:00
サブ君。久し振りですね。カストロ議長さんの影に隠れてしまいましたね。
いつまでも寒いです。でも木々は春に向かって日々成長していますね。
キューバの人は皆さんノンビリとしているようですが・・・仕事はテキパキとしているのかな?
Commented by cityde2 at 2006-04-18 20:28
カストロ議長亡き後…想像したく無いですね。
親米よりの政権が出来て、マイアミから直行便が飛び、世界遺産のオールドハバナにはマクドナルドがオープンするのではないでしょうか。
Commented by 梅ちゃん at 2006-04-18 20:58 x
闇が横行するのは大なり小なり日本も同じことのように思うのですが如
何でしょうか、キューバも今がよければと言うのではいけませんね。
さあ!サブ君、サブ~い冬も、もうすぐ終わりますから頑張ってね。
Commented by bela flor at 2006-04-18 21:03 x
キューバの陰にすっかり隠れたサブ君は...元気だったのですね。
歩くのが遅くなったのは年齢的なものでしょうかね。
ちょっと暖かくなると嬉しいんだけれど、直ぐに又寒くなってイヤだねー
Commented by matsu_chan3 at 2006-04-18 21:12
どこの国でも観光客にお土産品を売りにきます・・結構多いのは1000円! 区切りがいいからでしょう。 エジプトへ行ったときは観光客の護衛の為に私服警察官が常に添乗します。ボールペンを欲しがったり、ピラミット警護の警察官からは写真を一緒に撮ろうと言ってチップを要求されましたよ。
Commented by nt-hazi at 2006-04-18 21:23
キューバは中国と似ている所がありますね、一党独裁の政治体制には腐敗と汚職がつきものなのかもしれませんね、といってアメリカ流のやり方にも多くの問題点がありますよね世界がどのような方向に向かって行くのか、今の子供たちの将来が案じられますね
Commented by feigao at 2006-04-18 22:44
私もnt-haziさんと同じく、中国を連想してしまいました。
中国の汚職と腐敗も酷いものです。
それぞれの政治体制には一長一短がありますね。
何はともあれ、いい方向に向かっていって欲しいです。
Commented by mink330 at 2006-04-19 20:37
★sgrさん:
サブは相変わらず元気ですよ!
キューバの人は基本的に働きませんね。働いても働かなくても同じ給料ですからね。そこが社会主義の問題点でしょうか・・・
Commented by mink330 at 2006-04-19 20:38
★citydeさん:
どうなるか、楽しみと言っては失礼だけど、興味しんしんですね。
数少ない社会主義の国、残って欲しいのですけどね、難しいかな?
Commented by mink330 at 2006-04-19 20:40
★梅ちゃん:
汚職はどこの国でもあるのでしょうが、カストロ議長は「汚職を防止しなければ革命は内部から崩壊する」と言っているそうですよ。
Commented by mink330 at 2006-04-19 20:41
belaさん:
ほんとに不順な天気に、いつ暖房を切れるんだろうかと思ってしまうね。
でも桜の開花は当初の予報どおり5月6日だって。
Commented by mink330 at 2006-04-19 20:43
★matsuさん:
エジプトもひどいですね。カイロの博物館で職員がこっちがよく見えると連れて行ってくれて賄賂を要求しましたよ。
国の恥ですね~
Commented by mink330 at 2006-04-19 20:45
★nt-haziさん:
どんな国家の体制でも、法の目をかいくぐり悪いことを考える人が出てくるのは当然かもしれませんね。
何もない世界は返って刺激がなくてつまらないかもしれませんね。
でも子供たちには平和な世界を残してやりたいものです。
Commented by mink330 at 2006-04-19 20:47
★feigaoさん:
日本だって、色々な問題を抱えて、これからどういう方向に進むのか、心配ですね。
Commented by mikihana922 at 2006-04-19 22:04
ということは、キューバはカストロ議長さんでもっている国なのですね。
これからどうなって行くのでしょう。
日本もあれやこれやと問題を抱えています。
将来を思うと不安になります。
<< キャバレー・トロピカーナ カストロ議長の生家 >>