<< (私にとって)久しぶりのラテンサロン 近所の野菜直売所「小林農園」 >>
茅の輪(ちのわ)くぐり

今日は夏至、昼が一番長い一日です。ずっと曇りで時には晴れ間もありました。しかし中央区あたりでは結構な雨が降ったとか。
あっ!今頃雨が降ってきました。昼の長さが感じられない強風の一日でした。


以下、東京でのお話です。いつも通りすがりにお参りする諏訪神社。何やら丸いものが・・・・
前にも見たことがあったなぁ~と思いながら参拝してきました。


b0019313_14431993.jpg


b0019313_14430636.jpg
手を合わせて何を願ってるのかな?
お酒の瓶はもともとあったものです(笑)


b0019313_14441916.jpg

b0019313_14424842.jpg


元々は、茅(ちがや)を束ねて大きな輪としたもの。今は芦を使うことが多いそうです。ちなみに茅とはいね科の植物チガヤ・ススキなどの総称

ヨシまたはアシ(葦、、蘆、葭、学名: Phragmites australis)は、イネ科ヨシ属の多年草。河川及び湖沼の水際に背の高い群落を形成する。

調べれば調べるほど混乱、日本語難しい!

正月から六月までの半年間の罪穢(つみけがれ)を祓う夏越しの大祓(おおはらえ)に使用され、それをくぐることにより、疫病や罪穢が祓われるといわれています。




by mink330 | 2018-06-21 16:43 | 孫の写真 | Comments(8)
Commented by enusann at 2018-06-21 21:41 x
お孫ちゃんも茅の輪くぐりでお祓いもバッチリですね
きちんと手水を使って、
お賽銭も入れて手を合わせて…
家内安全と学業成就を祈ったのですよ、きっと…?
Commented by sala at 2018-06-22 05:25 x
お孫さん...。
手を合わせる...習慣として身についているんですねぇ~。
暮らしに向き合う時に、そうした習慣がどんなに
大切であったかと、今更に思うsala。
無病息災を願い、手を合わせる事が多くなりました。

茅の輪くぐり。子供の頃遊んだフラフープを思い出した!!!
くぐりならぬ、八の字回し。今は息切れ。でき...Nai(笑)
Commented by 梅ちゃん at 2018-06-22 05:37 x
お孫ちゃんのお祈りする後ろ姿が、とっても可愛いね。
神を敬う神事、そろそろ理解できるようになってきたかな。
Commented by アチータ at 2018-06-22 07:49 x
お参りのお作法が、すっかり身について
王子様、カッコいい!

夏越のお菓子「水無月」
京都のとはちょっと違うけど、六花亭で売ってるよ。
茅の輪くぐりをしてこれを食べるんだって、
甘いもの好きの、友人が言ってた。
北海道神宮では、8の字の事は書いてなくて
みんな普通にくぐってたとか…。
そんなうんちくを聞きながら、「水無月」食べたけど
甘かったぁ!

Commented by mink330 at 2018-06-23 17:46
> enusannさん
アハハ・・ただ真似して手を合わせただけだと思いますが。
お賽銭入れるのは大好きなんですよ。
Commented by mink330 at 2018-06-23 17:48
> salaさん
私は別に神様信じている訳でないのですが、不思議と
お参りすると心が休まります。

フラフープねぇ
私はできませんでした(笑)
Commented by mink330 at 2018-06-23 17:48
> 梅ちゃんさん
いやいや、まだまだ理解は出来てないですが
形から入るのもいいかもしれませんね。
Commented by mink330 at 2018-06-23 17:50
> アチータさん
水無月、六花亭で売ってましたよ。
今ちょうど季節なんですね。
甘かったの?
あまり甘いの好きでないから特に感じたのかもね。
<< (私にとって)久しぶりのラテンサロン 近所の野菜直売所「小林農園」 >>