人気ブログランキング |
<< 床屋さん嫌い~(大泣き) 贅沢なハーブ風呂 >>
天野博物館(ペルー;リマ)
 11年ぶりに天野博物館を訪れました(6月12日)

アンデス文明の遺産を収集、保管、展示する博物館として、1964年開館されて以来多くの人が訪れる貴重な博物館です。
入場料は取らずに,売店の売り上げか,見学者の寄付金だけで運営されています。
(月~金曜15:00~17:00,要予約)
 
アンデス文化はもちろん,アンデス文化以前,プレイン化時代の土器や陶器,珍しい繊維製品など一見の価値があります。
b0019313_721532.jpgb0019313_7223155.jpg

博物館はそれとわからないくらい地味な作り。玄関前には蓮の花も咲いていました。
ちょうど日本の関西から来た8人グループのツアーの方たちと一緒に日本語の案内を聞くことができました。
館内は撮影禁止なので写真はありませんがペルーを訪れる方にはお勧めの場所です。

b0019313_7344861.jpg
壁に飾ってある肖像画が天野芳太郎博士です。

b0019313_7355998.jpg
かわいい猫ちゃんが売店前にいました。名前は「姫」だそうです。

そして幸運にも奥様とお会いしていろいろお話を聞くことができました。85歳だそうです。お若いですね。
天野博士は生涯3度結婚して5人のお子さんをもうけたそうです。

b0019313_7503461.jpg


天野博物館友の会のリンクです。
by mink330 | 2014-06-16 07:46 | ペルー | Comments(2)
Commented by 梅ちゃん at 2014-06-17 04:15 x
天野博士ですか?聞いたことがありませんが、誰でもできる事
じゃない、異国の文化遺産を守る事に努力をされた日本人が
いたと云う事に、日本人として誇りを感じます。
Commented by sala at 2014-06-19 01:03 x
天野博物館友の会リンクを訪問してきました。
遙か昔のアンデスに思いを馳せ、「素手の人間が持つ可能性」を
未来に知らしめようとした天野博士に胸・キュン! すごいなぁ~。

私、札幌キャンドルナイトに呼応し、真夜中にごそごそ「ろうそく作り」。
素手の可能性には遠いけど、いつの日か孫に伝えたいと思ってる。
<< 床屋さん嫌い~(大泣き) 贅沢なハーブ風呂 >>