人気ブログランキング |
<< シルビオ・ロドリゲス デジカメの故障 >>
レニングラード国立バレエ「白鳥の湖」
2004年ー2005年日本公演が札幌厚生年金会館でありました。今日の札幌は朝からの悪天候、主役のオデットを踊る予定のゲスト・ソリスト草刈民代さんが飛行機の遅れで間に合わず、第三幕だけ踊ったという、アクシデントがありましたが、全体的にすばらしい舞台で、
帰りの雪道の悪路も気にならないほど、バレエの世界に酔いしれました。
たまに現実を忘れてこういう経験が出来て、幸せでした。
b0019313_2234188.jpg
ちょっとボケてしまいましたが、第一幕ジークフリート王子が湖のほとりで美しい娘オデットと出会う場面。
b0019313_2238247.jpg
第二幕、城内の舞踏会で、王子は花嫁を選ばなければならず、悪魔ロットバルトがオデットとそっくりの娘オディールを連れてきたのにだまされて、彼女を指名してしまう。
b0019313_22424198.jpg
オデットはジークフリートの裏切りを悲しみ、湖に戻るが、死を覚悟して愛を貫く二人。最後に湖の中に消えてゆく。
by mink330 | 2004-12-05 22:52 | 写真 | Comments(2)
Commented by るーち at 2004-12-05 23:29 x
バレエかぁ、いいね。
踊りも見てみたいけど、音楽も聴いてみたいな。
Commented by mink330 at 2004-12-06 20:34
音楽もすばらしかったよ。レニングラード国立歌劇場管弦楽団のメンバーが舞台下で、演奏している。最近バレエ鑑賞が続いて、嬉しいよ。踊れなくても、せめてみるだけでもね!
<< シルビオ・ロドリゲス デジカメの故障 >>