<   2006年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
もちよりパーティ
 連休初日皆さんはいかがお過ごしでしたか?
我が家では午後、これから生まれてくる赤ちゃんを歓迎するためのパーティがありました。
 皆さんそれぞれの自慢料理をもちより、バラエティに飛んだお話に花が咲きました。
青年海外協力隊に関係のある人がおおく、ラテンの話に花が咲きました。
妊婦さんだけは飲めなくて可愛そうでしたが(でも子供のためならがまんできます。)お料理も又バラエティに富んだものでほとんど完売でしたよ。
 Kさんが、エゾノリュウキンカ(やちぶき)を取ってきてくださり美味しい春のおひたしに舌鼓を打ちました。
 皆さん美味しい手造りのお料理ありがとう。
 
b0019313_21444662.jpg

by mink330 | 2006-04-30 21:49 | 身の回りのこと | Comments(19)
未来の赤ちゃんがやってきた
 今日は我が家に幸せな来客がありました。2.5人です。
それってな~に?
6月末に出産予定の希望にあふれる夫婦です。サブは最初猛烈に吠えていましたが、じっとお腹を見つめる目つきには優しさがあふれていましたよ。
b0019313_17265154.jpg


b0019313_17283716.jpgb0019313_17293262.jpg


今日のランチはお二人さんの希望でスープカレーでした。サンピアザの光の広場ではコンサドーレを応援する人でいっぱい。
夜はトリトンに行ってきます~。
by mink330 | 2006-04-29 17:33 | 身の回りのこと | Comments(18)
やっと春らしい天気に・・・
 もう4月もあとわずか、明日からゴールデンウイークへ突入です。今日はやっとほっとする天気になりました。
 サブの散歩の様子です。柳の芽も若草色になってきました。

b0019313_201451.jpg

     暖かさに誘われて仲良しのクロちゃんも外で日光浴です
b0019313_2031186.jpg


ラテンサロンのごちそうは「クルブラティーノ」のブログでどうぞ。
by mink330 | 2006-04-28 20:08 | 身の回りのこと | Comments(7)
デジカメ写真の印刷
 今日の札幌は久しぶりの晴れで、勇んでふとんを干した(今年初)のはいいのだけど、午後から曇ってしまいました。う~ん残念。でも少しは太陽の匂いがするかもね。

 さてと・・・デジカメ写真の印刷は、今まではカメラ店に頼んでいました。自分の家でするのは面倒だと思っていたのです(プリンターもちゃんとあるのに)
 きっと私はカメラ店の店員さんからうるさいお客さんだと思われていた筈です。
だってどんな写真も(たとえば夜の写真でも)一様に明るく、きれいに仕上げてくれるからです。
 そこで最近は自分でパソコンで補正してから持っていって、「補正なしで」と頼んでいました。

 でもきょう色々とやっていたらはまってしまって、やめられなくなってしまいました。
時間はかかるけど、自分の好みの色に仕上げられる。どうして今まで自分でやらなかったんだろうと・・・・今回のキューバ旅行の写真を印刷したのは今日初めてです。

b0019313_18244010.jpg


昨日のブログでbelaさんの質問にありました社会奉仕の件調べましたのでお知らせします。

大学卒業者は2年間の社会奉仕が義務づけられていて、専門学校卒業者には社会奉仕は義務づけられていない。

社会奉仕の内容は、勉強した専門分野によって異なる。例えば経済学部卒業なら国営企業の会計部門とか、薬学部卒業なら研究所とか、工学業なら工場でエンジニアとかに配属される。配属先は大学が決めるそうだ。成績が良かった生徒ほど、例えばハバナ市内の職場に配置されたり、よりよい仕事を与えられる。成績が悪いと、地方都市に飛ばされたりするということです。「社会奉仕」とはいっても、なけなしの給料が支払われる(1ヶ月8ドルくらい)。

 ただ、今の大学生は、在籍中に社会奉仕活動をするという選択肢もあって、在学中社会奉仕活動をした人は、卒業後の社会活動は免除されるということです。
by mink330 | 2006-04-27 18:31 | キューバ | Comments(18)
キューバの教育制度
 キューバの教育制度は小学校6年間(制服赤)、中学校3年間(制服からし色)、ここまでが義務教育。その後二手に分かれます。大学予備課3年間(制服青)。専門学校3年間(制服茶)授業料は大学まですべて無料ですが、最終学校を卒業すると3年間の社会奉仕が義務づけられています。

                道路で無邪気に遊ぶ小学生
b0019313_184443.jpg


WBCでキューバが準優勝して選手の凱旋パレードをマレコン通りで歓迎する中学生(3/21)
b0019313_18463174.jpg


       ハバナ・ビエハ(世界遺産)の街を楽しそうに駆ける高校生
b0019313_18534674.jpg


       声をかけたら気軽にポーズをとってくれた専門学校生
b0019313_190481.jpg


ちなみにキューバの識字率について調べてみました。(ウィキペディアフリー百科事典より)

それによると識字率は 97%で、中南米での最高水準ということだ。

教育は全て無料で本人が望めば国の負担で大学までいける。
しかし増え続ける高学力者の進路は、教員や医師や公務員になるのがほとんどで、その収入は観光産業に従事しているホテルの従業員にも及ばない。社会的な責任の重い人ほど貧しいと言う奇妙な国。
ある意味では腐敗が横行するのは当然と言わざるを得ないでしょう。
そんな矛盾を抱えながらのこの子供たちの笑顔、不思議な国ですね~キューバは。
by mink330 | 2006-04-26 19:06 | キューバ | Comments(18)
何気ない街角の風景
ハバナの旧市街「ラ・アバーナ・ビエハ地区」は、街をぶらぶら散策しているだけで楽しい。
何気ない街角の風景でもつい写真に撮りたくなってしまう。

b0019313_20144576.jpg

b0019313_20152228.jpg

b0019313_20154221.jpg

b0019313_20162037.jpg

b0019313_20164131.jpg

by mink330 | 2006-04-25 20:21 | キューバ | Comments(16)
札幌の天気どうしたの?
 いや~まいちゃいますね。どうしたのでしょうね。札幌のこの天気は。
サブはストーブの前にべったりだし・・・暗い空からは時折雨が落ちてるし・・・
なんだか気持ちまでも暗くなってきませんか?

そんな気持ち吹き飛ばしちゃいましょう。
キューバの明るい海の写真をお届けします。なにをお話してるんでしょうか?このお二人さん。

b0019313_14425919.jpg

b0019313_14524076.jpg

by mink330 | 2006-04-24 14:53 | キューバ | Comments(24)
これは? カメラです
b0019313_1934461.jpg


b0019313_19325451.jpg
1929年に建設されたアメリカのホワイトハウスとそっくりの建物「カピトリオ」

今となっては、にっくきアメリカの建物をどうおもっているのだろうか?
当時のキューバの経済力を思わせる立派な建物だ。

いつも観光客で賑わっているところだが、この階段の前には、写真屋さんがたむろしている。


b0019313_19354731.jpg
このカメラで本当に撮れるのだろうか?
自分はちゃんとカメラを持っていたので断ったが、今考えるとやっぱり撮ってもらわなかったのが悔やまれる。時代がかったいい写真が出来上がったかもしれないね。


今日は一ヶ月に一度のHOMEの例会。先月旅行で休んでいるので久しぶりだ。
デジカメ用のプロジェクターも入り、HOMEもいよいよデジカメ時代に進むのか。
by mink330 | 2006-04-23 19:47 | キューバ | Comments(24)
クロッカスはまだだった
 昨日は、由仁方面へ足を伸ばしました。
まず最初に夕張郡由仁町のレストラン「ファームヤード」へ。私は知らなかったけど、結構有名なお店らしくて、STVとじゃらんが取材に来ていました。
b0019313_18323463.jpg

b0019313_18331669.jpg

お腹が一杯になったところで、ユニガーデンへ。まだほんの少ししかクロッカスが咲いていなくて入場無料でした。「チャイブ」・・・ハーブ を買ってきました。
b0019313_18342869.jpg

b0019313_18363138.jpg

そして最後の極めつけ。もちろん温泉です。すぐそばの「ユンニの湯」肌ツルツル。体ポカポカ。
楽しい一日でした。


帰りがけに交通事故を見ました。これから道路も走りやすくなり、ついスピードを出しがちですが、皆さんお互いに気をつけましょう。
b0019313_18425143.jpg

by mink330 | 2006-04-22 18:47 | 身の回りのこと | Comments(10)
カバーニャ要塞
モロ要塞と向かい合うようにカバーニャ要塞が建っている。
1762年にイギリスがモーロ要塞を占領した際に、建てられた。のちに革命の時、この要塞に
チェ・ゲバラが司令塔をつくりここから指令を出したと言う。チェ・ゲバラの博物館もある。

何といってもここの見所は夜9時から始まる大砲の儀式だ。
150年間続けられているそうでスペイン時代の征服を着た軍人が、重々しく一連の動作を行う。「シレンシオ・・・」(静粛にの意)の声が響き渡り、最後に大砲(空砲)に火をつける。ものすごい音がするが、飛び出すのはパラシュートで海におちる。
この儀式を見るために毎日すごい数の観光客が来る(私もその一人だった・・・笑)

b0019313_19443255.jpg

b0019313_19445757.jpg

b0019313_19451744.jpg

b0019313_19454262.jpg

b0019313_19523265.jpg

by mink330 | 2006-04-21 19:53 | キューバ | Comments(5)