2014年 08月 14日 ( 1 )
牛の心臓(アンティクーチョ)を食べる
 昨日のクイに続いて今日は牛の心臓(ハツ)のお話です。

日本の焼き鳥よりずっと大きいサイズ(食べごたえがあります)のアンティクーチョ、国民的人気があります。

昔は屋台で気軽に食べたものでしたが、今回は私の送別会として、リマ市内でも有名なお店[Panchita」に

招待されました。

b0019313_16421513.jpg
串に刺してあるのがアンティクーチョです。ジャガイモやチョクロ(大きいトウモロコシ)が付け合せ、それにサルサ、アヒ(辛い)などがついています。一番先に出てくるパンもおいしくてそれだけでおなか一杯になりそう。

b0019313_16452913.jpg
炭火で焼いたものをちゃんと串から外してくれます。

b0019313_16474425.jpg
お店に入ったすぐのところにある大きな炭火の釜、ここで焼くのですからおいしくないはずはありません。

b0019313_1650351.jpg
店内もすごくいい雰囲気で「エケコ」がたくさん飾ってあり、ずっと満席でした。


b0019313_1653158.jpgb0019313_16535384.jpg

次々と運ばれてくる食べ物、皆さんほんとによく食べます。またひんしゅくを買いそうですが、農業大学に行ったとき、売っていたアンティクーチョを載せておきますね(笑)上の段です。

b0019313_16585469.jpg

by mink330 | 2014-08-14 17:05 | ペルーの食べ物 | Comments(16)