2009年 11月 20日 ( 1 )
盛岡半日散歩
 21年前まで住んでいた盛岡、ただただ懐かしくてお天気が悪いのにもかかわらず、あちこち歩き回りました。

 15日法要が終わり、花巻泊まり、次の日16日は車で盛岡まで送ってもらいました。
かつて住んでいたところを回ってきました。

 10年間子供と共にテニスを楽しんだロイヤルテニスクラブでオーナーの奥さんにお会いし、今は手放した、かつての自宅の隣のKちゃんのご両親ともお会いし、これまたJちゃんのお母さんとも偶然お会いし、子供が通った小学校、中学校を回り、高松の池に行き、感慨無量。

 その後盛岡冷麺を堪能して、ホテルへチェックイン、ここからは芝生管理人とは別行動、私は大切な友人達とつなぎ温泉に泊まり大いに楽しんできました。

 翌17日は友人にホテルまで送ってもらい、その後「でんでんむし」という市内循環バスに乗り、写真を撮ってきました。

 住んでいたとき何とも思わない所でも、再訪したときに、こんなにいい街だったんだと再発見。
改めて盛岡のすばらしさを思いました。

 雨の中の写真です。まだまだ沢山載せたいのですが・・・ごめんなさい長い文章で。

b0019313_16292472.jpg

あの有名な裁判所の「石割桜」です。ちょうどこの日は雪つりをしたと、テレビで報道してました。

b0019313_16305428.jpg

盛岡城趾公園の石垣。前は岩手公園と言っていたような・・・

b0019313_16323667.jpg

有名な石川啄木の歌碑 「不来方の お城の草に 寝ころんで 空に吸われし 十五の心」

少年時代の石川啄木が学校の窓(盛岡中学・現盛岡一高)から逃げ出して来て、文学書、哲学書を読み、昼寝の夢を結んだ不来方城二の丸がこの地だった。

b0019313_163853.jpg

紅葉は終わりに近かったが、雨に濡れていっそう風情があり「ああ!きれい!」を連発

b0019313_16403911.jpg

旧岩手銀行旧本店本館は明治44年に建てられた洋風建築で、煉瓦造1部3階建てルネサンス様式の建物です。
規模は小さいものの、道庁と似たところがありますね。

b0019313_16454420.jpg

紺屋町にある番屋と呼ばれた昔の消防署。大正2年に建てられ2005年まで現役だったそうです。

昔懐かしい古いお店
by mink330 | 2009-11-20 16:55 | 旅行 | Comments(7)