<< クルブラティーノのクリスマスパーティ ここはどこ? >>
ペルー人質事件から10年
 今日の日本経済新聞にペルー人質事件10年という記事が掲載されていて、思い出しました。
10年前の1996年12月17日の夜、ペルー大使館で開催された天皇誕生日を祝うパーティで600人余りの人々が人質にされたのです。
 犯行は左翼ゲリラ トゥパク・アマル革命運動(MRTA)の武装メンバー14人によって決行されました。
 02年10月から11月にかけてペルーを旅行した時、事件のあった公邸の中に入って写真を撮ることが出来たのです。普段は外からは見ることが出来ても中には入れないそうです。
ちょうど通りかかった時、係りの人が中に入れてくれてラッキーでした。
 そのときの貴重な写真を見てください。
尚写真は全て2002年10月19日に撮影したものです。
大使公邸の銃弾が貫通した正面扉
b0019313_11441771.jpg

中に入るとすぐそばにある守衛室にも生々しい銃弾の跡があった。
b0019313_1281898.jpg

広大な敷地は売却先を探しているが、未だに買い手は決まらないという。
b0019313_12103294.jpg

周りには厳重にフェンスが張りめぐされていた。
b0019313_12132415.jpg

特殊部隊が公邸下まで彫られたトンネルを使い武力突入をした。
そのときのトンネルがそのまま残っていた。
b0019313_12134116.jpg

当時のフジモリ大統領の決断、青木盛久駐ペルー大使、そして救出された71人(残念ながらペルー人一人が亡くなった)の動向を、テレビを通して見守っていたのが思い出されます。
by mink330 | 2006-12-17 12:23 | 旅行 | Comments(22)
Commented by sgr813 at 2006-12-17 14:18
覚えていますよ。長期間の戦いでしたね。
テレビで観ていただけなので・・・この様な生々しい写真を見ると日本では考えられない作戦だったと思います。貴重な写真ですね。
Commented by naomedia at 2006-12-17 16:24
はじめまして。naoと申します。
僕もちょうどペルーの事件の記事を書いていてこのサイトにたどり着きました

あの事件の現場に行かれたのですね。貴重な写真を見させていただきました。
Commented by niwa2saku87 at 2006-12-17 18:43 x
今日ラジオからこの事件の事聞いて もう十年経ったんだ~と思い出してました。私が印象に残ってるのは解決した後 青木大使がテーブルに坐ってインタビュ-された時 煙草を飲んでいた事です。なぜか違和感を感じました。確かそれが後々問題になったんですよね?本当に生々しい写真ばかりですね。

Commented by 梅ちゃん at 2006-12-17 19:33 x
そうか、あれからもう10年にもなるんだね。とってもショッキングな事件で
したね。私は仕事の途中でラジオのニュースを聞きながらハンドルを握っ
ていたのを覚えています。それにしても直接写真に撮ってきたなんて凄いよ。
Commented by bela flor at 2006-12-17 20:38 x
貴重な写真ですね、銃弾の跡がその当時の生々しさを表しています。
連日ニュースが流れていたことを思い出しました。
Commented by スズメ at 2006-12-17 20:45 x
ペルーの人質事件から10年も過ぎたのですね~
ゲリラが全員射殺され、遺体がテレビに映し出されていました。
その姿を見て、大変ショックを受けたことを今でも覚えています。
人の命は、誰にとっても大切なものですよね。
失われた命は、元に戻すことなできませんもの。

Commented by matsu_chan3 at 2006-12-17 20:58
10年前の事件が思い出しました。すごい特殊部隊の突入が目に焼きついています。よく現場写真を撮ってきましたね。すごい!
Commented by eiji28e at 2006-12-17 22:04 x
雪は少ないですが寒いですね
あれから10年ですか、テレビで生を見た筈ですが
確信がありません、そんな歳まわりになってきました
ドンカストロさんの容態はどうなんでしょうかね。
Commented by yokota at 2006-12-18 11:39 x
10年一昔ですね。
Commented by MOlacchi at 2006-12-18 14:12 x
もうあれから10年も経つなんて、私も年取るわけですね。あの事件は
テレビに釘づけで見てました。いったいどうなるんだろう、と。そしたら、
強行突破し、凄い銃撃戦になって映画を見てるようでした。
minkさん、実際にその現場に行って写真撮ったんですね。すごいな~。
ガラスの銃痕や、特殊部隊のトンネルなど、映画のワンシーンみたいで迫力ありますね。公邸にいた人々は、本当に怖かったでしょうね。
Commented by akirita at 2006-12-18 17:56 x
この事件のせいで大使公邸で近隣諸国の大使館の公務が自粛されて
新年祝賀会に呼ばれる予定がキャンセルに・・・・ご馳走を食べ逃したのでよく覚えてますよ。。。。
Commented by mink330 at 2006-12-18 18:24
★sgrさん:
私が写真を撮ったのは6年後だったのですが、何だかすごく生々しく感じましたよ。この中に入れたこと自体がラッキーでした。
Commented by mink330 at 2006-12-18 18:25
★naoさん:
コメント、トラックバックありがとうございます。
ちょうど新聞を読んでいて気がついて、よかったです。
あれから10年も経つのですね。
Commented by mink330 at 2006-12-18 18:26
★niwa2saku87さん:
そんなことがあったのですか? 人間の記憶って面白いもので、鮮明に残っていることってありますよね。きっとその場にそぐわなかったので印象に残ったのでしょうね。
Commented by mink330 at 2006-12-18 18:28
★梅ちゃん:
仕事の途中で聞いたのですね。
やはりそれを覚えていること自体、特殊な大きな事件でしたね。
人質は127日も監禁されていたんですって。
Commented by mink330 at 2006-12-18 18:29
★belaさん:
公邸の木の扉はすごく厚く頑丈に出来ていたのですが、それをも貫通したのですよ。当時の恐ろしさは想像できませんね。
Commented by mink330 at 2006-12-18 18:31
★スズメさん:
人質の中のペルー人が一人亡くなって、フジモリ大統領は大分非難されましたね。でも人質は射殺されて当然というような雰囲気がありました。
Commented by mink330 at 2006-12-18 18:32
★matsuさん:
10年前の事件もすっかり記憶の底に沈んでいたのですが、偶然新聞で記事を見つけ、そして「あっ、写真があるんだ」と思い出した次第ですよ。
Commented by mink330 at 2006-12-18 18:33
★eijiさん:
カストロ議長は今日のラジオで何かニュースを言ってました。
後で確認してみます。
Commented by mink330 at 2006-12-18 18:34
★yokotaさん:
ほんとに10年一昔とは良く言ったものです。
10年は長いか? 短いか?
Commented by mink330 at 2006-12-18 18:37
★Mjolacchiさん:
ペルーは今でも結構危険が多い国です。
金目のものを出して外を歩けません。特にカメラなど・・・
ずいぶん気をつけて歩いたことを思い出しました。
それだけいろいろな事件が多いということなんでしょうね
Commented by mink330 at 2006-12-18 18:38
★akiritaさん:
はっはっは・・残念でしたね。
あの後は大使公邸でのパーティは禁止になったと思います。
今でもペルーは警戒が厳重ですね。
<< クルブラティーノのクリスマスパーティ ここはどこ? >>