<< 金沢 ひがし茶屋街、粋な街 兼六園から金沢城へ >>
金沢城
賀百万石のシンボルである金沢城は、天正11年(1583年)に前田利家により本格的な建城が行われ、明治2年(1869年)まで加賀藩前田家14代の居城として置かれました。 平成8年(1996年)より金沢城公園として一般公開を開始。 度重なる火災により、石川門と三十間長屋以外の建物は全て消失してしまいましたが、平成13年(2001年)には、古絵図や古文書などをもとに菱櫓(ひしやぐら)、五十軒長屋、橋爪門続櫓(はしづめもんつづきやぐら)を出来る限り忠実に復元。 安政の頃の景観を現代に蘇らせました。

見どころがたくさんあり、広いし、疲れました。

b0019313_17164031.jpg
またいろいろな石垣が大変面白い形をしていて、石垣だけ見ても楽しいと思います(全部の石垣は撮りきれませんでした)
b0019313_17170486.jpg

by mink330 | 2015-05-27 17:34 | 旅行 | Comments(6)
Commented by ayaya55a at 2015-05-27 17:52
こうして写真を見ているだけでも、ほんとうに見応えがありますね!
石垣だけでも、延々と撮っていられそう・・・w
Commented by matsu_chan3 at 2015-05-27 19:31
こんばんは
石垣にもそれぞれ違いがあり面白いですね。
金沢城も素晴らしい城です。
帰国後はバソコン疲れで目もしょぼしょぼ・・(~_~;)
Commented by enusann at 2015-05-27 20:51 x
NHKのブラタモリで金沢城の石垣の話をしていましたが
ほんとに色々な積み方のものがあるのですね。
石の大きさや形が一つ一つ違うのに
崩れないように積み上げてあって、素晴らしい先人の技ですねぇ。
Commented by 梅ちゃん at 2015-05-28 05:03 x
さすがに加賀百万石の貫禄を感じますね。
敵の攻撃から守る石垣の積み方を見ると、登りにくい
石組をしています。お城が大好きです。
Commented by sala at 2015-05-28 06:47 x
石垣、目を細めて一生懸命みてるよ。ありがとう。
様々な形の石を工夫しながら積み重ねていった労苦。
小石で隙間を埋め尽くす作業など、築城に関わった時間が
偲ばれるね。緻密な手作業にあらためて、ブラボー!


 

Commented by aba-n-c at 2015-05-28 10:08
見応えのある写真でした。
先人の知恵工夫を垣間見られてラッキー!
<< 金沢 ひがし茶屋街、粋な街 兼六園から金沢城へ >>