<< いないいないば~(2バーション) なにしてるの? >>
鹿角で工作&エゾシカ講座
b0019313_1646519.jpg

  ↑ シカツノで作ったもの。残念ながら私のは道まだ半ば(未完成)です。

昨日は、我が家の近くのもみじ台中学校で、エゾシカの講座がありました。
前に参加したことがあるTさんに誘われて行ってきました。

宮崎亨氏(もみじ台中学校・美術教諭)、酪農学園大学狩猟管理学研究室の学生さんたちのレクチャーなど、初めての私でも十分楽しめました。でもシカの角は結構かたくて切るのも磨くのも大変です。

b0019313_16444777.jpg


北海道ではエゾシカの個体数が増えて、農林業への被害や交通事故などの問題も生じています。このイベントでは角を使った工作に加えて、レクチャーやクイズを通してエゾシカの生態や最近の環境問題についても学びます。また、エゾシカの毛皮や頭骨標本を触ったり、ほかの動物の角や骨と比べたり、いろいろな体験もできます。エゾシカという生きものと、それをとりまく自然環境のことを楽しく学びましょう。(HPより)
by mink330 | 2014-11-30 16:51 | 洋裁&手芸 | Comments(10)
Commented by love-t_k at 2014-11-30 17:23
鹿の角でこんなに色んなのが作れるんですね
鹿の角硬くないんですか?
Commented by enusann at 2014-11-30 21:22 x
最近シカが増えすぎているので、
お肉とか皮とか角とかの消費を促進しているんでしょうか?
エゾシカ講座が身近で開催されたのですね。
作物にも害が大きいようですが、共存もなかなか大変ですね。
Commented by 梅ちゃん at 2014-12-01 03:54 x
シカの募って見た目柔らかそうに見えますが、固いんですか。
それじゃ細かい物を加工するのには大変でしょう。
手など怪我する事のないように、素晴らしい作品を完成させて
ください。楽しみにしています。
Commented by mikihana922 at 2014-12-01 10:02
伊豆でも鹿が増えすぎて
農作物や山林のへの被害が広がり困っています。
鹿を捕獲して食肉にしたり工夫していますが
なかなか良い対策がないようです。
猟銃会の方も年配の方が多くて捕獲もままならないとか・・・。
鹿の角も↑のような利用法があるのですね。
力が必要のようですが無事完成されますように!
Commented at 2014-12-01 10:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mink330 at 2014-12-01 21:15
★ love-t_kさん:
鹿の角は想像していたよりずっと硬くて、難儀してます。
Commented by mink330 at 2014-12-01 21:16
★enusann:
私もこういう講座があるのは知らなかったのですが、
友人に教えてもらいました。
今度あるときは一緒に行きましょう。近いですし。
Commented by mink330 at 2014-12-01 21:17
★梅ちゃん:
なんでもそうですが、初めてやって、うまくいくことは
あまりないですね。
でもそれを積み重ねることで要領覚えるんでしょう。
Commented by mink330 at 2014-12-01 21:19
★mikihanaさん:
そうですか。そちらでも同じような悩みがあるのですね。
こちらでは酪農学園の学生さんが、真剣に
取り組んでました。
北海道は広いから大変なんでしょうね。
Commented by mink330 at 2014-12-01 21:20
★鍵コメさん:
ありがとうございます。
<< いないいないば~(2バーション) なにしてるの? >>