<< 静かな新年 娘 光代のこと >>
花巻の地で
娘光代は、宮沢賢治のふるさと
岩手県花巻市で、永遠の眠りに付きました。

25日午後火葬 念仏
   
26日午後葬儀 夕方納骨

年を越しての納骨はしないというこの土地の風習により、早い納骨になりました。

b0019313_14452247.jpg

吹き抜ける風、寒さの中での納骨は悲しかったです。
 でも次の日また行って見た墓地には青空が広がり、赤松が墓地を守っていて、背後には豊かな穀倉地帯が広がっていました。

 娘はどこからでも、私たちを見守ってくれていると思うと不思議に心が落ち着きました。

 皆様から頂いた暖かい励ましの数々に、感謝の言葉が見つかりません。
この励ましを糧に今後はまた新たな気持ちで過ごそうと決意しています。
ほんとに心からお礼申し上げます。





                   「雨ニモマケズ」 宮沢賢治

                   雨にも負けず

                   風にも負けず

                   雪にも夏の暑さにも負けぬ

                   丈夫なからだをもち

                   慾はなく
                    
                   決して怒らず

                   いつも静かに笑っている

                   一日に玄米四合と

                   味噌と少しの野菜を食べ

                   あらゆることを

                   自分を勘定に入れずに

                   よく見聞きし分かり

                   そして忘れず

                   野原の松の林の陰の

                   小さな萱ぶきの小屋にいて

                   東に病気の子供あれば

                   行って看病してやり

                   西に疲れた母あれば

                   行ってその稲の束を負い

                   南に死にそうな人あれば

                   行ってこわがらなくてもいいといい

                   北に喧嘩や訴訟があれば

                   つまらないからやめろといい

                   日照りの時は涙を流し

                   寒さの夏はおろおろ歩き

                   みんなにでくのぼーと呼ばれ

                   褒められもせず

                   苦にもされず

                   そういうものに

                   わたしは

                   なりたい
by mink330 | 2008-12-30 15:04 | 身の回りのこと | Comments(14)
Commented by 梅ちゃん at 2008-12-30 18:33 x
まだ悲しみと心の苦しみから脱する事が出来ず神や仏さへ
恨みたくなる心境だと思います。
先日病院の皆さんとクリスマスイブを楽しんだばかりだと言
うのに、私も信じられませんでした。
でも、こうしてブログを再開する芯の強いminkさんですから、
娘さんもきっと岩手の空から応援してくれますよ。
これからも一緒にブログを続けていきましょう。
Commented by oki-hiro at 2008-12-30 19:02
お悲しみのご胸中いかばかりかとお察し申し上げます
心よりお悔やみ申し上げます。
本当は早めに鍵コメントでと思ったのですが、、ブログ上での
対応が解らないままで年甲斐もなく不義理を悪しからず。
Commented by sgr813 at 2008-12-30 20:48
どの様にお声を掛けていいのか分かりません。
早い納骨はお寂しいでしょうね。
花巻に居られるんですね。
何処に居てもいつもminkさんの側に居てくれますよ。
私はそう信じています。
Commented at 2008-12-30 22:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by juju3291 at 2008-12-30 23:55
★元気ばば★
安らかに・・・・ブログを読んで・・・涙・・・
言葉は残せません。
Commented by manekineko at 2008-12-31 00:42 x
初めまして。以前からブログを読ませて頂いていましたが、敢えてコメントは差し控えていました。でも、この度の事は、小説やドラマや、今まで身近に起こったどんな不幸よりも何故か心に染み渡るように、哀しみが
ひしひしと感じられ、書き込まずには居られませんでした。
毅然として立ち上がっているように思える態度の所為でしょうか。
新年を迎えれば、更に想いは強くなる事でしょう。
どのような言葉をかけて良いのやら‥‥‥。
これからも、ブログを楽しませて頂きます。
Commented by cityde at 2008-12-31 11:41 x
年の瀬の納骨、お疲れ様でした。
私は親よりも先に逝くというのは最大の親不孝だと考えて危険エリアへの旅行は控えているのですが、不慮の病気の場合は仕方が無いですよね。おそらく日本の現代医療の最善が尽くされたのでしょうから、あとは「時間」のみが残された皆さんを癒してくれることでしょう。
Commented by niwa2saku87 at 2008-12-31 17:11 x
文を読んでるうちもう涙・涙で・・・・
本当に綺麗な青空ですね。
Commented by わか at 2008-12-31 18:16 x
はじめてコメントさせていただきます。
いつもminkさんの写真、かわいいさぶちゃんやきれいなお花や景色に元気を頂いております。
言葉にするのはあまりにも軽くなってしまう気がして、今までコメント出来ませんでした。
私も、お嬢様の姿は見えなくとも、そばにいて、minkさん家族をずっとずっと暖かく見守っていると思います。
minkさん、とてもお疲れの事でしょう。
どうか、お体を大切に、ご自愛くださますように・・・。



Commented by bela flor at 2008-12-31 18:51 x
minkさん。。。
早い納骨は寂しいですが お嬢さんも落ち着かれたと思います。
いつもminkさんのブログを開いていました。
一日遅れて今日も拝見したら....嬉しかったです。
疲れがどっと出ている頃ではないかと心配しています。
ご主人様ともどもお身体ご自愛下さいね。
またね......。
Commented by ファニータ横幅 at 2008-12-31 19:30 x
こんなに悲しい現実を受け入れなければならないなんて・・・
花巻上空で飛行機から飛び降りたらダメだよ!
娘さんから「戻れ〜!」って怒られるよ。
残りの人生は、お母さんとお父さんに託したのだから
健康に気を付けて長生きしなくっちゃ!
minkさんの帰りを待っています!!!




Commented at 2009-01-01 00:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ginjyou at 2009-01-01 12:12 x
minkさん始め、ご家族の皆様の悲しみをお察しすると慰めの言葉もありません。
帰らぬ人となった今では、1年間もの長きに渡る苦しい闘病生活から開放されただけでも『良かったね』と思わざるを得ないですね。
まだ暫らくの間は気持ちも落ち着かないでしょうが、光代さんも向こうできっと幸せになっておられる事と思います。
何のお力添えもして差し上げられませんが、娘さんのご冥福を心よりお祈りしています。
Commented by cocomerita at 2009-01-03 09:47
minkさん、こんにちわ
minkさんがおっしゃってるように、なんか家庭的で温かい墓地ですね。
前向きにご自分の病気と向かい合い、戦った光代さんは今はニコニコとその名の通り光になって空からその愛情を皆さんに注いでくれていると私も思います。
私も最愛の母に逝かれてしまった時にそう思ったのですが、
彼女たちは今は幸せ
置いていかれてしまった私たちが淋しいのです。
でもね、自分の淋しさよりは、彼女たちの幸せのが大事だから仕方ないと思いました。
minkさん、お身体くれぐれもご自愛ください。
<< 静かな新年 娘 光代のこと >>